〈箱入り娘のお米達〉大自然と一緒に育てた掛け干し中川米ー


『お米を大切にしないとばちが当たる』

                  という言葉につくづく納得してしまう小話を一つ。

皆さんもご存知の通り、現代の農家さん達は機械という大変便利な文明の利器を多いに活用

し、沢山のお米を作ってくれているおかげで、私たちはいつでも美味しいお米を食べる事が

できています。しかしむかーしむかしは、ごぉんごぉんと音を立てて動くマシーン等は無く

せいぜいお手製の〈ちょっとしたお役立ち道具〉を使うしか無かった事は、想像がつきます

よね。そして、むかーしむかしのお米は、さぞかし美味しかったのだろう。。。という事も

何故なら・・・




黄色カラーの布袋尊ヒノヒカリ米(熊本県産)

実は『天日掛け干し米』なのです。

これは、稲刈りした
後の稲穂を、えっさほいさと少しずつ人の力で運んで竿に掛け、2〜3

週間じっ〜くりと太陽の光にあて、自然の風で乾燥させ、愛情と時間をたっぷりとかけて

いるお米なのです。

熊本県の布袋尊さま


米奉行としては、一刻も早く今年のお米を食べた〜い!

と、はやる気持ちを抑えられず、ダダを捏ねてしまいそうになるのですが、焦るなかれ!


『天日掛け干し』で太陽の光をたっぷりと浴びたこのお米、機械で乾燥させたお米と比

べてみると、香りも味も格段に良いのです。そして写真を見てみるとお解りになると思い

ますが、刈った稲穂を逆さにしていますよね。これは、ただ単に引っ掛けやすいから、逆

さに掛けているのではありません。逆さにして干す事により、稲の栄養とうまみが穂先の

先に集中するという、お米を育てている農家さんの知恵と知識が垣間見える作業なのです。




さすが布袋尊!いえ、中川さん!

「自分のお米を食べた時に笑顔になって欲しいから」

と、たとえ時間と労力がかかったとしても、拘りは捨てません。焦らずゆっくりと子育て

する様なやさしい気持ちで育てられたお米なのです。





〈自由にのびのび育ったお米達〉ジャンボタニシと一緒に育てた宮崎米ー



青色カラーの寿老人ヒノヒカリ米』(宮崎県産)

の生産者さんは、広〜い田んぼでお米を育てている生産者さんです。

【ジャンボタニシ】【水の量】で、田んぼの中に雑草が生えない様に、稲を食べられて

しまわない様に、永年の経験でコントロールしてお米を育てています






究極シンプルな育て方】に拘っている生産者さんです。

いつ見に行っても水の量が見事にコントロールされ、整然と稲穂が生えている景色を見て、

いやはや恐れ入ります!この生産者さん、とても照れ屋さんで、中々お写真の撮影の許可

が取れないので、代わりと言っては何んなのですが、
ジャンボタニシを手のひらに乗せ

てパシャリ!


  

『この子達のおかげ・・・感謝感謝です。自然の営みはなるべく邪魔しないよ〜に。』   

宮崎県のジャンボタニシ米は、噛めば噛む程に口の中に自然な甘みが広がり、三米目家一

『豊かな甘味のお米』です。




〈ミネラルで病気知らずのお米達〉ー豊かな湧き水で育てた橋元米ー



『人の身体で作る事の出来ない必要不可欠な栄養素を
                                                                     知っておるか?皆の者!』


といきなり米奉行の質問です。それは
【ミネラルです。

自然と調和し無理なく共存していた時代には、水や大地、そこで育つ植物や動物から自然

にこの
ミネラルを取り入れる事が出来ていたのです。それが今では何じゃ!!

ありとあらゆる場所で科学的・人工的な薬品が使われ、大地をはじめ動植物・人間がミネ

ラル不足になっていると言うではないか。。。全ての病気もこの
ミネラル不足が大きく

関係していると言われています。そこに目をつけたのが(右側↓橋元さん)


 



三米目家で扱っている紫カラーの大国さんヒノヒカリ米』(鹿児島県産)の生産者、

橋元さんです。この方、牛も育てておられて『日本一の牛を育ててやる〜!』と試行錯誤

の末、行き着いたのが
【酵素】でした。これがいわば【ミネラル分】となる訳です。

とにかく自然の物だけで、病気にかからない強い稲を目指して日夜、創意工夫をこらして

お米づくりをしている農家さんなのです。もちろん、鹿児島県湧水町の綺麗な涌き水の力

も手伝って、三米目家一みずみずしいお米を届けてくれます。




↑名水百選〈丸池湧水〉鹿児島県湧水町日本の名水百選にもなっている丸池は、
  
  霧島山麓の水が、澄んだ池の砂底を押し上げて こんこんと湧き出ます。
  


こうして、三米目家がこだわりの農家さん達と出逢えてよかったと感じる事は、

布袋尊ヒノヒカリ米(熊本県産)も、

寿老人ヒノヒカリ』(宮崎県産)も、

大国さんヒノヒカリ米』(鹿児島県産)も、

食べる人達の事をきちんと考えて、安全なお米を育てているという事。

そして、それぞれにこだわりのポイントがあり、そのポイントがブレないという事。

お話を聞けば聞く程、どの農家さんもきちんと主張と個性があり、その想いがお米の味に

きちんと出ているのです。



「お米は意外とデリケートな食べ物」

どの農家さんも口を揃えていう事なのですが、実は、お米を精米した日から数えて、お米

が十分な水分を保てる限度は2〜3週間程だという事です。また、玄米・白米共に言える事

は、過度な湿度や高温、そして紫外線はお米の劣化が著しく進む原因になる為、食べきる

までに時間がかかりそうだな。と思ったら、できれば1Lや2Lのペットボトルにお米をれ、

冷蔵庫等の冷暗所で保存する事がおススメです!

それがいつでもツヤツヤふっくらのお米を楽しんで頂く為の小さなコツなんです。




全国へ九州のこだわりの食材をお届けします『旨い!は楽しい!』

三米目家 スタッフ一同


ホームへ戻る